サティの自然育児ブログ

サティの自然育児ブログ

布おむつ、ふんどし育児、シュタイナー教育、家庭菜園、自然療法について書いています。

2歳と4歳のクリスマスプレゼントは悩んだ末 楽器に

こんにちは、サティです。

今年のクリスマスプレゼントは悩みました。4歳のお兄ちゃんが、お友達の影響を受け、レンジャーもののカッコイイ武器や、変身するおもちゃが欲しいと言い出したのです。シュタイナー教育を目指し、木や自然素材のおもちゃを増やすよう努めているのに、プラスチックでカラフルで創造性のないおもちゃは家に置いときたくありません。

でもすごくほしそうなので、サンタさんからのプレゼントは、私の好みではなく子どもの希望で買うべきなのかと悩みました。そこでシュタイナー教育の先生に相談したところ、武器を子どもに与えるのはどうかと思いますと言われ、たしかにメルヘンの優しい世界に住む幼児期の子どもに、他人を傷つけ、攻撃するものをおもちゃであっても渡すのはいいこととは思えないと腑に落ち、買わないことにしました。

 

そこで、私が始めたために、自分も弾きたい弾きたいと言っていたギターをプレゼントすることにしました。子ども用のギターです。お兄ちゃんが楽器なので、2歳のたっちゃんには、かねてからほしかったグロッケンを。

 

シュタイナー教育おすすめの楽器です。 ペンタトニックの楽器は2音少なく、どう弾いてもメロディのように聞こえるし、童謡や子守唄、わらべ歌に使われる、永遠に続くようなメロディになるそうです。幼児期の子どもの心にとてもマッチするそうです。

音色はとてもやさしく響き、なにか行動を促すときに、口うるさく「〇〇しなさい!」というより、こういった楽器を優しく奏でて促すことをすすめていたので、ぜひやってみたいと思います。

 

最近子ども部屋のカーテンを麻の薄ピンクのものに変えたところ、部屋全体がとてもやさしい雰囲気になり、シュタイナー教育の良さを改めて感じました。

道具をそろえるばかりになってはいけませんが、ある程度は必要ですね。高価なのでちょっとずつ増やしていきたいです。

 

 ギターはおばあちゃんがプレゼントしてくれました。こんなやつらしいです。4歳だとぎりぎり指が届かないので、弾くことはまだできなさそうですが、ギターは実は打楽器の側面もあるのです。たんたんリズムを叩くだけでもいいので、私のギターと合わせることで音楽はみんなで合奏するもの、と肌で感じてくれればいいなあと思います。

 

KAWAI グランドピアノ ナチュラル

KAWAI グランドピアノ ナチュラル

  • 発売日: 2016/07/24
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

 楽器といえば以前、ピアノいるかな~?と思い、子ども用だけれど本物のこちらのピアノを買いました。おもちゃのけたたましいエレクトーンと違って、優しくきれいな音色です。今のところ子どもにとってはただ鳴らすだけのおもちゃです。そのうち興味持ってくれればいいな。

シュタイナー学校では、楽器は9歳から。先生と親が、その子に合う楽器をよく吟味して決めるそうです。幼児には早すぎるんですね。東大生はピアノを習っていたとか本でみて焦ってしまいました。