サティの自然育児ブログ

サティの自然育児ブログ

布おむつ、ふんどし育児、シュタイナー教育、家庭菜園、自然療法について書いています。

白砂糖よりてんさい糖がいいのは、オリゴ糖が含まれるところ。

 

前回、白砂糖だけでなく、てんさい糖も蜂蜜もメープルシロップも糖分であり、内臓脂肪を増やす害になるもの、と説明しました。じゃあてんさい糖を使った食品を選ぶのは意味がないの?白砂糖の食品と一緒?と思い調べてみました。

 

てんさい糖には腸内細菌の餌になるオリゴ糖やミネラル含まれ、黒糖にはミネラルが含まれるそう。

オリゴ糖は腸内細菌の善玉菌の餌になるので、体にいいです。

てんさい糖は血糖値の上昇がゆるやかだというエビデンスはないようですが、食後血糖値の上昇値であるGIはほかの砂糖の約半分。多少はマシであると思います。とはいえ砂糖は砂糖なので、大丈夫だからと大量に使ってはダメ。減らすよう工夫したいです。

ちなみに三温糖は白砂糖とほぼ同じなのでNGです。

また、てんさい糖も砂糖だから、白砂糖のお菓子を食べても一緒かというと、そうではないと思います。
てんさい糖を使った食品には、悪質な油であるマーガリンやショートニングなどを含まないものが多いです。大豆や小麦、とうもろこしなども国産や、遺伝子組み換えを使用していないなど材料を厳選しています。やはり自然派おやつを選ぶ方がいいと思います。
ストレートジュースも、果汁の少ないものに比べると添加物が少ないのでマシだと思います。